浸かった温泉は沼でした。

エイターでセクガルでアラサー。ジャニオタの湯絶賛全身浴中のアラサーだよん。

ビザ取得から出発まで!初めてのワーホリ!

思い返せば、私がワーキングホリデーでニュージーランドに行ったのは

もう3年近く前のことなんだ。

まだ結構最近って感じがするのに。

ときの流れこわ~。

 

 

大学卒業後バイトでお金を貯めて(といってもそんな簡単に貯まるもんじゃないね)

24歳になってすぐに出発した。

 

ビザなんて簡単に取れると思っていたけどこれが意外と大変だった。

ニュージーランド大使館のホームページで申請に必要な項目をすべてチェックして質問に答えたり、指定病院で結核検査のためのレントゲン撮影を撮らないといけなかったり。

しかも指定病院は北海道に1つ、東京に2つ、大阪に1つ、兵庫に1つ、福岡に1つ、日本に6つだけ!!

地方の人間にとってはかなりめんどくさい。

私は福岡の病院に一人で行ったなぁ。

心細かったけど同じ理由で熊本から来た女性と仲良くなってFacebook交換した。

説明受けたり証明のために番号が書いた板持って顔写真撮られたりして囚人かよとか言って笑った。お姉さん元気にしてるかなぁ。

一人で海外に行くために来たんだから心細いとか言ってられないし、もはやここが一番最初の一人旅のスタートって感じだった。

そして病院には3万ちょっと支払った。(めっちゃ高いやろ)

 

 

こうしてビザは無事に取れた。

かなりはしょったし忘れたこともいっぱいあるけどとにかく小さなミスでビザ取得失敗する人がたくさんいるから心配だったけど取れてめっちゃ安心した。

向こうで出会った日本人のほとんどが業者に頼んでビザ取得してたから、少しお金かかっても確実に取得したい人はそっちの方がいいのかも。

ただ私は全部一人でやりたかった。

そうしないといけないという使命感が勝手に湧き上がっていたから。

 

ビザ取得後1年以内に出国すればいいので猶予はかなりある。

ビザ取得後は出発する日を決めて、航空券を予約して、済む家が見つかるまでの宿を取って、あとは会っときたい人に片っ端から会った。

 

荷物はあまり持って行きたくなかったからでーっかいバックパック(70ℓ)1つと小さいリュック1つ。

 

出発の日は家族総出でお見送りしてもらった。

友達がサプライスで来てくれて嬉しかった。

そして同じタイミングで韓国アイドルの2PMジュンスが搭乗口に。

ファンが声援を送る中私も搭乗口へ。(笑)

全然知らない人がフラッグをもっている私の友達をファンと勘違いして

「誰の見送りですか?」

と聞いていた。友達はフラッグを見せながら

「友達の〇〇です」

と、私の名前を言いながら私がうどんをすする私の写真のついたフラッグを見せながら答えた。

 

知らない人は苦笑いしながら去っていった。

 

間違えではないけど

まじで恥ずかしいからやめれ。(笑)

みんなで爆笑した。

 

 

という誰も泣きもしない楽しい別れになった。