浸かった温泉は沼でした。

エイターでセクガルでアラサー。ジャニオタの湯絶賛全身浴中のアラサーだよん。

今なお不意に訪れる俺節ロスとの戦い。

これまで何度か舞台を見に行ったことはある。

劇団四季や宝塚も見に行ったし有名な俳優さんや女優さんが出演する舞台も見た。

だけどこれほど心に残った舞台は初めてだった。

 

俺節

 

出演者は

安田章大 シャーロット・ケイト・フォックス 福士誠治 六角精児 高田聖子 桑原裕子 中村まこと 西岡徳馬 ほか

 

もちろん自担である安田さんが主演だから見に行ったよ。

でもね、今まで見た舞台で一番よかったと言ったのは自担のえこひいきではない。

本心だ。

 

大阪オリックス劇場での公演を2日間観劇したのだけれど、

やっぱり1日目の公演前は

自担を見れる♬自担に会える♬

自担の演技♬自担の歌声♬自担のギター♬

という謎のコールが脳内で響き心が踊りまくっていた。

 

ただ舞台が始まるとすぐさまお話の世界に飲み込まれた。

私の感受性が豊かすぎるだけなのかなとも思ったけど(いいように言うな)

舞台のセット、音楽、セリフ、すべての世界観が本当に一瞬で観客をさらう感じよ。

もちろん舞台ってそういうものだと思うんだけど、ここまでのめり込んだこと私はなかった。

 

舞台の上の小柄な少年を安田章大ではなく完全にアシカコージとしてしか見てなかった。

自担ではなかった。いや、実際舞台見終わった時には私は安田担ではなくアシカ担だった。もうただ単にアシカコージという一人の人間を応援したいという思いだけだった。

 

本来自担のラブシーンなんて見ようもんなら髪の毛をむしり取りよだれをまき散らしながら地面の割れるような奇声を発して暴れまわるんだろうけど、アシカコージのラブシーンは子を見守る親のようなまなざしで見届けたよ。(2日目は見納めだと思ってクッソまじまじと見た)

 

あれから1年が経とうとしてるなんて、、、。

最後のシーンなんて今でも鳥肌が立つほど鮮明に思い出せる。

 

千秋楽はマジで号泣したなぁ。

物語に対する感動はもちろんアシカコージへの思い、

そしてお疲れ様安田さん、すべての出演者様、素敵な舞台を見せていただき誠にありがとうございますわああああああああああああ(号泣)

ってなっちゃって。

 

舞台終了後に挨拶に出てきた男性は数分前までアシカコージだった安田章大だった。

ほんとに不思議だけどもうアシカコージの顔じゃなかった。

座長として挨拶する安田章大だった。

そこに感動してまた泣く。

 

舞台のおかげで2泊3日の大阪旅行は

めちゃめちゃ最高やったんやで!(めっちゃエセ関西弁)

 

f:id:ymosnym8:20180404233751j:image

 この写真撮るの大変だったわ~。

人人人で田舎もんに恐ろしかった。

 

f:id:ymosnym8:20180404233902j:image

 お花たくさん来てたなぁ。

私の大好きな小藪一豊大先生からも!

 

f:id:ymosnym8:20180404234111j:image

 テンションぶち上げでおいしいお肉もいただきました!!!

梅田のガブリミートにて♡

 

f:id:ymosnym8:20180404235338j:image

 お好み焼きもーーーーーーー♡

 

f:id:ymosnym8:20180404235418j:image

もちろん鳥貴族もちゃっかり満喫!

トリキでは専ら緑茶ハイなわたし。

 

 レポとして書くのは今さらすぎますが思い出として書き残しておきましゅ。

大変だし体に負担をかけない程度にまた舞台やってほしいなぁ。

やしゅだしゃん。